ゲーム「女体化肉便器」 サンプル

シーン抜粋

サンプル

不良少年「くにくにしちゃうぞ~くにくに」
突き出した乳房をさっそく揉みまくる。
美誘「いやん、くにくに感じちゃう~ああああん」

(おおっ…本当に乳首だけでも、ものすごく感じてしまう!
こんなに乳首だけでも…気持ちいいものなのか。
あそこ…オマンコもどろっどろになってくる。どんどん愛液が溢れてくる!)

不良少年「乳首勃起させてるんだなあ、こんなところまで、
美誘ちゃんの勃起乳首、デカくていやらしいぜ、さすが肉便器メスブタだ!
ビッチ女子高生の勃起乳首揉みまくってやるぜえ!」
美誘「みゆうの勃起乳首、もっと、もっとお、こねこねしてください~
んっ、んんっ!!あうん…んっ気持ちいいよお」

(うわあああ、まずい、まずいっ…気持ちよすぎてどうでもよくなってしまう。
通常ならば!こんな状況はありえないのに。不良どもに乳繰られるなんて
屈辱そのものなのに!
だが!しかし!身体が気持ちよさに反応してしまうっ!
反応しすぎるくらいだっ!)

不良少年「ブラウスの上から舐めまくってやるぜ
じゅるじゅる!!」

じゅるじゅるっと卑猥な音を立ててブラウスの上から
勃起乳首を舐められちゃって、ブラウスがすけて乳首が丸見え。
ぺろぺろ…べろべろ…と舐めながら
こりこり固く勃起した乳首をつまんだり
こねたりされまくってる。

巨乳に不良の顔が埋没してしまうくらいだ。
不良少年「学校中でヤロうぜ!」
学校の中のあちこちでいやらしいことをされる。

美誘「あん、気持ちいいん・・もっと。
乳首、いやらしい私の固くなっている乳首舐めてえ
つまんで~んんあああっ気持ちいいの…
胸感じまくっちゃうの…あああ気持ちいいい
あひい…あああっん…もっとお、もっとお吸ってえ!
気持ちいいいよう、あああ…っん!!!」

(こ、こんなに気持ちいいんだったら、もう少し女になってたい!すごいな。
女体化万歳!!)

美誘「美誘のぐっちょぐっちょ恥ずかしいオマンコに、下着食いこんじゃってます。

サンプル
美誘「叔父さんの…ああ、すごいですね…こんなにおっきくなってますね」
叔父「そうだね。こうやって擦りつけているともっと大きくなる。
ほらどうだ?大きいだろう。よく使い込んで黒光りしているからな」

(叔父さんチンポデカすぎる、やめろ~!)

叔父「どうかね?男の身体を思いだすかね?わしのでかいチンポでな。
もっと擦ってほしいかね?

心の中ではいやがっているのに、オスの臭いに刺激され、身体が反応し、
愛液がぐちょぐちょと出て淫らな気持ちになってしまう。

美誘「お、おっきい、おちんぽ、叔父さんの、おちんぽ!もっと、もっとお、
擦って、擦って気持いいいっ!!乳首擦ってえ!おじ、叔父さんの、
デカチンポ大好きです!!はあおんっ!!おっぱいにこすりつけます。
はううっ!!気持ち良いです~乳首こすれて
気持ちよすぎて昇天しちゃうううっ!!!」
叔父さんも、ものすごく気持ちよさそうな表情をしている。
叔父「やわらかい、巨乳やわらかいねえ、こんなおっぱいで、
チンポを挟み込んじゃうなんて、淫乱な身体になったんだねえ!」
美誘「叔父さんも、たっくさん、気持ちよくなってくださいね、
いっぱい、このおっぱいに叔父さんのデカチンポ
こすってこすって、こすりまくって、
気持ちよくなってくださいねえ、ほらっ、
ぎゅーっとはさんじゃいますよっ?」
叔父「ほおおううっ!気持ちいいよっ!ふわふわしているねえ!!
ああ、きつくはさんだら!もう!
でる!でる!
あー、出る、出るっ!!!
もうたくさん出しちゃうーーーーーよ!」
びゅくびゅく
びゅくっ!どぴゅっ!!!!
ぴゅるるるっ!
勢いよくザーメンが巨乳とお顔にぶっかかる。
美誘「んぶっ!!!!んんくううううぷぷっ!!!」
どろどろどくどくっ
(うわっ!叔父さんのザーメンたっぷりかけられちゃってる。
飲むのか?いやだあ!、で、でも、身体が欲しがってる!あああ)
美誘「たっくさんザーメンでちゃったんですねえ、
叔父さんのおちんぽ、きれいにしましょうね。
れろちゅぱ、ちゅぱ、んくっ、んくっ!!!ごくごくごくっ!!
ごくんっ!ぷはあっ美味しかったあ!!
肉便器、叔父さんの、お精子たくさん
お顔にいただいちゃいましたあ」
れろれろと舌でどろっと流れる精子をごくごく飲む。
叔父「ほう、うまいじゃないか。ほら、こんなにデカチンポ、
たっぷりとしゃぶりたいでしょ?言ってごらん?ほしいのかな?」
美誘「あああ~叔父さんのおちんぽ、
デカチンポ、たーーーっぷり、たっぷりと
おしゃぶりしたいですぅ、
叔父さん専用肉便器にしてくださいっ!!
いやらしいザーメン汁、たっぷりと
ぶっかけて飲ませてくださいねえ」

(おっさんの臭いちんぽなんて舐められない!いやだ…
でも舌が勝手にぺろぺろと…あああ

サンプル
ボクは仕方なく…恥ずかしいが、全裸になって、恩師に下半身をさらした。
といっても、パンティはまだつけたままだ。
いくらなんでも…まだアソコむき出しだなんて、恩師に失礼だ。
高岡先生「前からはよく拝見した。後ろ向きに、そうそう、
腰を高くあげて四つん這いになりなさい。パンティはいらんよ」
ええいままよ!とボクは震えながら下着を脱ぎ、四つん這いになり、腰を高く持ち上げた。
美誘「先生…恥ずかしいです、こんな格好…」
高岡先生「我慢しなさい。男に戻る方法を考えとるんだ。どれどれ、
これは見事なオマンコじゃ!オマンコがとてもいやらしい感じになっておる。
中も調べてしんぜよう」
高岡先生が、愛液でびちゃびちゃのスジを指で往復する。
美誘「ああんっ!!うう気持ちいいですう、
濡れ濡れで、みゆうのオマンコ大洪水ですう」
高岡先生「美誘ちゃん…と呼んだほうがいいの。悪い子じゃ!
粘度や酸性かどうかを舐めて調べるからの、ほれ、ぴちゃぴちゃ…おおうまい!」

(こ、こんなお年よりでしかも天才のあの先生がこんなことをっ!
信じられない!エロじいいだったなんてショックだ!でも上手い!
的確に感じるポイントを突いてくる!!老練だ…あなどれない!)

美誘「ああいやぁああっ!す、すごい、た、高岡、せんせいっ…
き、気持ちよすぎて…ああうんっ!!!」
いやらしい箇所を何度も舌で舐めまわされる。
高岡先生「あっ!指が入ってしもうた。
美誘ちゃんのいやらしい穴に、
つるんと吸いこまれてしまうのう。これは恐ろしい」
美誘「あああっ!指、指気持ちいいですっ
グリングリン
ねじ込んで入れてくださああい」
高岡先生「ぐちぐち入ってくのう。全部飲み込まれてしもうたわい」

美誘「指マン気持いいです~
あああっ!あんっ!ぐりんぐりんしてください!!先生の指マン気持いいですう!!
あああすごおおいです!」

高岡先生「君は一番の弟子だが…こんなにいやらしいビッチマンコ肉便器だったんじゃのう!
一番のビッチじゃ!ビッチマンコめ!
これはわしの名刀で成敗じゃ!
この具合じゃと…そうじゃな。わしの所見じゃが、
薬の有効期限が切れるのが遅いのは、
女性器がまだ未発達だからじゃ。
いわば女性の進化と同じ。
この女性器が発育し、充分にこなれたならば、次第に閉経状態に移行し、
元の身体に戻れる。その進化を早める触媒が必要なのじゃよ。
男の精子を注ぎこめば、女の子宮内でエキスが中和され、元の身体に戻れるじゃろう」

サンプル

竜崎「ふーーむ。ここまで見事に女体化するとは…なるほどね」
前からも後ろからも、裸をじろじろと舐めまわすように見られ、
巨乳を縛られ、揉まれ、乳首もツンツンと触りまくられる。
立ったままの局部を、しゃがんで見上げるようにして、ぐりぐりとつつくく。
美誘「や…、そん、なとこ…さ、さわるなよ…」
竜崎「おやおや、やはり既に感度は女性そのものなのだな?もう少し足を開け、
おやおや素晴らしく濡れているじゃないか」
指をいきなりじゅぼっと入れられる。
美誘「ひゃあああああん!!」
竜崎「見事なまでに濡れている」
ぬっぷぬっぷと指を出し入れされる。

(い、いやだ、こんなこと、竜崎にされて恥ずかしいというよりは屈辱!
しかし、しかし、もうこいつしか頼れない!)

竜崎「…もう少し調査が必要だ。我慢しろ。食堂へ移動する」
美誘「どうだ?なにか手掛かりが見つかったか?」
竜崎「うむ。膣も肛門も問題ないのだろうが、少しばかり気になることがあってな。
少し粘膜を採取して調べてみたい。細胞組織の具合を見たい」
美誘「なるほど。細胞検査か。是非やってくれ!」
竜崎「それだけではない。精液を取得し変化する子宮内部の様子と、
肛門内部の細胞の変化も必要だ。
だから、通常時の細胞と精液注入後の細胞とを両方採取するぞ。
それを元に薬を調合したい」
美誘「ああわかった薬の調合に必要なんだな。精液はどうする?」
竜崎「今日はあいにく使用人が出払っている。僕が特別に提供しよう」
美誘「うん、別室で採取してくれよ」
竜崎「いや、ここで出す」
美誘「ま、まさか…」
竜崎「お前の中に出す。…元に戻りたくないのか?」
美誘「も、戻りたい…」
竜崎「先に細胞とるぞ。そこに四つんばいになれ」
美誘「わかった…」
また全裸で四つんばい…しかも竜崎に全部見られて。
中略
竜崎「よし、いい子じゃないか。ビッチにイキ狂ったから、ご褒美をあげるよ!!」
ずぶりと一気に太くて硬いチンポがアナルに入ってくる!!!
美誘「おおううう!!ふぐううう!!ううっ!うくっお、おおきい
おおきいよう、おちんぽおおきいの入ってくるうう!!
ずっぷり入ってくるう!おしりぎちぎち入ってくるう!!」
竜崎「すごい締りだな。アナルは初めてだったのか」

(当たり前だ!アナルなんてやったことない!)

美誘「すごいおしりすごいい!!!オマンコとは違うううっ!!!すごおうういい!!
なんだかぞくぞくしちゃううう!ひいいいっ!そんなに動いたら!
死ぬ!死んじゃう~だめえ!あああうううああっ!!!はあはあ…
はぁぁんっ。ああああっ!!ああんっ…
はあはあ…あああひゃあああうううあああっ!!ああっ!!」

サンプル
美誘「みなさま、私は皆様専用の肉便器です。
なんでも言うことを聞きます。ごゆっくりお試しください。
日ごろのストレスをこのビッチ肉便器に
ぶつけて、発散してください。
今日も私のツルツルビッチマンコに肉棒ぎっちり刺してください。
美誘は皆さま専用肉便器です。
心の底から皆さまにご奉仕いたします」

従順な肉便器はアヘ顔で昇天するまで
デカチンポをおねだりする。
大きなおしりを突き出し、
オマンコを自分で広げて中を見せるので大好評だ。

美誘「お精子の臭い、いい臭いですう…
ああん、これだけでもう興奮してきちゃったあ。
ひぐうううっ!ご主人様のチンポ、美誘のビッチマンコに
入ってますう!!ずっと刺してくださいっ!!
このまま刺して中出しして、体中にもぶっかけてお精子まみれに
肉便器を、お精子まみれにしちゃってくださあい!!」

Copyright (C) Hi-End ハイエンド All Rights Reserved.
inserted by FC2 system