ゲーム「学園ミルクビッチ」 サンプル

シーン抜粋

サンプル

真緒奈「ち乳首っ気持ち…気持ちよくなってきたようああん
も、もっと吸っていいよう、あうんあうふううん」
未冬もがくがく震えて顔を赤くして驚いた表情で痴態を見ている。
使用人「そろそろミルクお絞りの時間だね、搾乳マシン開始!」
肥大化した乳首に搾乳機械のカップが取り付けられる。
グイングイン…と管が伸縮し、強烈に乳首を吸引される。
細く長い黒い管は別室に通じている。
ありえないくらい母乳が噴き出て搾乳されてゆく。
真緒奈「やめてやめて!!ヘンな気分になるっでもき、気持ちいいっ」
未冬「いやあああ、どれだけ吸い取られるの?ひからびちゃう!」
使用人「水分を補給しないと脱水症状になるからこうするんだよ」
強引にアナルに拡張器具を挿入される。
真緒奈「い、いたああいいいよう!!」
未冬「ひぐうううっ!!」
そうしておしりの穴から大量の水分を注入される。
使用人「水分は素早く腸内で吸収されるから、
母乳を絞りとる間はこうやるんだよ。おしりもすぐに気持ち良くなるよっ」
真緒奈「ああああっおしりも気持ちよくなってくる…
くああううあああっ!あああっ!!」
未冬「く、屈辱んんっ!あああっ!!ひぐうう!ううっ!」
使用人「もいっかいミルク飲んじゃお」
真緒奈「あああんんっ!!!感じすぎちゃうよお
乳首吸わないで!!!」
使用人「絞りたては本当においしいよ乳首気持ちよいでしょ」

使用人がおいしそうに乳房をほおばる。
ごくんごくん。
母乳が辺り一面を濡らす。
一所懸命に手ででちんぽを擦りあげる。
使用人「ほーらどんどん母乳出るよ~ボクも興奮してちんぽ
びんびんに勃起しちゃったよう。ボクもザーメンミルクだすよ~
はあはあ…ぶっかけちゃうよおううっ!!」
使用人「で、出るようっ!!」
びゅくんびゅくん、どぷううううっ!!!
真緒奈「きゃあああっいやああ!!」
未冬「うぷうっうっ!」
大量のザーメンミルクが、真緒奈、未冬にぶっかけられる。
母乳まみれのおっぱいにも顔にも髪にも、大量の精液がぶっかけられる。
どぴゅっつ、どくっっと精液がおっぱいと顔面にぶっかけられる。
真緒奈「あふわあああああ」
どろどろっと口の中の精液も溢れだす。
使用人「これから毎日気持ちいいことしてあげるんだよ」
真緒奈「ぬるぬる気持ちいいよお」
二人とも上半身が母乳とザーメンまみれでべっとべとになっている。

サンプル
真緒奈「な、乳って母乳?出るわけない…お母さんじゃないもん」
使用人「媚薬ですぐに出るようになるんだよ、特殊なホルモン注射だからね。
それにボクちゃんのザーメンミルクも注入するから、
ほんとに妊娠して母乳ミルクたっくさんでるよ」
未冬「あなた狂ってる…うっ」
真緒奈「妊娠?いやよ…つうっ」
使用人「学園全員が搾乳されるんだけど、君たちは名誉ある
実験台として選ばれたんだよん」

使用人「近頃、牛の出す牛乳が汚染されてるからさ、
可愛い女の子のミルク飲みたいっていうエライ人が増えてるんだ。
高く売れるんだよ、君たちのミルク。
実験はもうすぐ実用化して来年から実施されるんだよ」

使用人「じゃー、ちゃんと母乳がでるか、ボクが飲んであげるね。
まずは乳首から点検」
乳首をこねこねされる。
真緒奈「いやあああ、ち、ちくびヘン、触らないで~」
使用人「感度良好っと…色ツヤもさすがぴちぴちで弾力あるね~
きゅきゅって絞る、乳首つまんで…おおっ!でるよでるよ母乳ミルク
いただきまーす」
使用人が真緒奈の肥大化した乳首にむしゃぶりつく。
使用人「はおうっおいしいよっ!真緒奈ちゃんの乳首おっきいなあ。
ぷるんぷるんでとっても弾力があって吸いやすいよ。
ほら、手でむにゅむにゅ絞るといっぱい母乳でてくるよ、
おいしい~すっごくおいしいよ」
真緒奈「ああ、、あんっ、やだあ。き、気持ちいい乳首、
ひくひくしちゃうっ!!吸っちゃだめええ、ああ」
使用人「乳首気持ちよいでしょ?れろれろ舐めて吸ってあげるね、
ほーら未冬ちゃんもこぶりでかわいいおっぱいから母乳ぴゅるぴゅるでるよ!」
未冬「いやあっ、あう、うう、き、気持ちいいかも…あああ」
使用人「ちっぱいもなかなかエロいね~ちっぱいなのに
母乳噴き出ちゃうなんてエロいよ未冬ちゃん」
未冬「いやん、だ、だめあああん」
サンプル
母乳まみれのおっぱいに、デカくてオス臭い精液まみれの
ちんぽがこすりつけられる。
使用人「ほら、パイズリしてぺロぺろお口でも舐め舐めして、
おチンポだーいすきって、二人ともいってごらんよ。
媚薬が効いて、アソコがひくひくしているよ。
早くいれてほしいでしょ?
ちゃんとおちんぽ大好き言えたら順番にいれてあげるからね」
未冬「ああんっ…あふっ…ヘン」
未冬「気持ちよくなって…おしりもそうだけど、あそこ、
ひくひくしちゃうう」
使用人「あそこ…二人ともどろどろだよ。いやらしいオンナの子
たちだねえ。処女のくせに、つるつるオマンコひくひくさせて」
ぐちっぐちっと指が入る淫猥な音が響く。
未冬「ああっ!き、気持ちいい…やめないで…
クリ、トリス…も、揉んで…」
使用人「クリトリスまで充血して肥大化しているよ?」
未冬「ああああ~気持ちいい!!もっと!!もっとおあんっ…
はぁはあはあ…あぁぁんっ!!!はうあああうううううっ!!」
使用人がちんぽを取り出し、二人の間に突き出す。
使用人「そのいやらしい母乳まみれのおっぱいで
はさんで舐めるんだよ」
無理やりちんぽをしゃぶらせる。
真緒奈「ぶふうう!むぐうっ!!むぐ!」
●未冬フェラ音
●真緒奈フェラ音
真緒奈「れろっ、むぐうんんっ…ぴちゃっ…くはああっ、
ぺろぺろっ、んんっ!はあはあっ…」
膨張した乳房にはさみこみ、大きく堅く屹立した
ちんぽをぺろぺろと舐める。
乳首から母乳を垂れ流す。
真緒奈「うううっ、ぐむっひゃ…ひゃぐううはあ…ぺろぺろ
むんんんぐううう…ああんっ…はぁぁん。はあはあ…あぁぁんっ」
未冬「んああ、ぐむっ、ぺろっ…ぺろれろれろ…」
サンプル

未冬「お願い、お願いだから…あそこにいれて。

早くはやく犯してあなたのデカチンポ!!
デカチンポで突いて!!突きまくってええ!!」

理事長「わしのでかちんぽ、欲しいんじゃろう!」

未冬「そう、それがほしいの、ほしいのよう…」
理事長「でかちんぽ欲しいって言ったら、入れてやろうぞ!」

未冬「あなたのでかちんぽ!!!でかちんぽを、
私のオマンコに入れてください!!はやく」

真緒奈「でかちんぽ!でかちんぽ、ま、真緒奈の、
い、いやらしいオマンコに入れてくださいぃい」

私たちは二人で懇願した。
いれて。いれて。私のあそこを犯して!!さあ早く!!
理事長「よし未冬ちゃんから入れてやろうぞ!!はうあ!」

未冬「はおおおおおおううう!!おちんぽお!!!
おちんぽ気持ちいい…もっと、もっと入れてええ!!」

理事長「ほおおおう未冬ちゃんのいやらしいオマンコ、
わしのでかちんぽに吸いついて離さぬよ、ほおおお!!」

未冬「ひゃあああうううああっ!!!ああああっ!!ああんっ…
はぁぁんっ。はあはあ…あぁぁんっうっ!!」

理事長「もう、もう出してやろうぞ!
たっぷり生で中出しじゃあ!!!それっ!!」

未冬「あああひゃあああうううあああっ!!ああっ!!」

未冬「ああん!!ああ我慢できない早く!!来て!!
い、いれてあああううううあああうううううっ!!
あああいいっ!!!ううっ!!いいわ
もっと突いてええええあああああ。

お、おしっこもらしちゃううう」
しゃあああっと恥ずかしいほどの勢いで
おしっこをおもらしする未冬。

理事長「おしっこまでおもらしとな。
ふはは、もっと、もっとおもらししなさい!
次は真緒奈ちゃんじゃな。たっぷりわしの
ザーメンミルクを注ぐからのう、
いっぱい母乳だすのじゃ!」

サンプル
会員「いいねえ、じゃあ、二人一緒にビデオとって、
彼氏に語りかけてね」

真緒奈「久しぶり、直也くん、元気かな~ふふふ。私?
いま学園の保健室で実験されてねえ、ほら、母乳でるんだよ。
母乳見て、ぴゅーーっって。あそこも、オマンコも
気持ち良くなって毎日幸せなんだ。

今度会ったら、いっぱいセックスしようねえ、


あああん!!あんっ!あん!!
気持ちいい、いま調教してもらってセックスしているの…
ほら、こんなに、特にイッちゃうときに
たーくさん母乳出るよお!
い、いまイッちゃうから、見ててね!おお!はああっ!

はひいっイクうううううううううっ!!!
ほらほらこんなに母乳でちゃううううっ!!!
はあはあ…ほら、見てくれた?直也くんにもたっくさん、

母乳かけてあげるからねえ、おちんぽ気持ちよくずりゅずりゅ
してあげるんだよ。まおな上手いんだからあ。
おちんぽ咥えたらぴゅっぴゅっ男の人のミルク飲んじゃうよ。

未冬「ごきげんよう。翔様。うふふふふ。もう私、
家のために純潔を守って、なんてごめんなの。

ほら、もう処女じゃないわ。残念。
あなたも好きにすればいいわよ、
母乳飲みたいならどうぞ来て頂戴。
あなたにも味わわせてあげるから…
ふふ…ほうら、私のおまんこ、広げて見せてあげるから…

んんあああ、気持ちいい
ねえねえ見てる?奥まで見えちゃってるでしょ?ふふふ
見たかったらここに来てもいいのよ。

ここで私の母乳吸って、あなたのザーメンミルクも
私の顔にも胸にもどくどくかけまくっていいのよ?
ほんとうはやりたかったんでしょ?
私を犯したかったんでしょ?

獣のように後ろから突くんでしょ?

ほらひくひく。おまんこひくひくしているわ。
ここが気持ちいいのよおおおお!
どぴゅどぴゅあなたの知らない誰かの男の人の
お精子たくさん注入されちゃったわ。

ほら、お精子!たっぷり
お精子はいってくるう!!!あああ私の子宮に
お精子くるうううう!妊娠しちゃうううう!!!
母乳だしちゃうう!」

Copyright (C) Hi-End ハイエンド All Rights Reserved.
inserted by FC2 system