ゲーム「緋落村玩具 種付けの章」 ゲーム・キャラクター

ゲーム・キャラクター紹介

●あらすじ そこは落人村といわれた伝説の村。 娘たちは血統維持のため誰にでも孕まされる運命。
出会ったひとりの少女に助けを請われ、家畜のように乱交場で種付けさせられる少女たちを救出に向かうが・・・。
そこには、催淫剤を投与され、男たちに調教され、奉仕に喜ぶ少女たちのメス奴隷のような姿があった。
主人公のあなたがプレイヤーとなって、少女たち救出できるのか? そして落人のお宝を手に入れることができるのか?

サンプル画像
名もなき少女

銀髪ショート、メガネで可憐な外見だが、冷徹で無表情、感情のない奴隷少女。
卑猥なボンテージの衣装に身を包んでいる。
衣装で乳首と局部が常に露出しており、投薬で巨乳化・陥没した乳首を晒している。
門の入口の番人としての役目がある。
●シーン抜粋
名もなき少女「いらっしゃいませ。支配人とはこの世の支配者なのです」
少女が歩み寄る。いきなり少女の口があそこを含む。 基樹「な!!何だぁ?」
名もなき少女「これは通行代わりとなります。射精されないとここから先は通れません」
じゅぶ、じゅぶっ…小さな口に吸いこまれるようにチンポが入ってゆく。バキュームフェラっていうんだろうな。
基樹「うっ!い、いいこれは…極上っ」
彩香がぎらぎらとした目つきで食い入るように、この痴態を見ている。
柔らかいビロードのような舌ががチンポを包み込む。
名もなき少女「イッてしまいそうですか?あく…んぶっ」
基樹「で!出るううっ!」

基樹「いやがっている割には、クスリが効いて気持ちよくなってんだろう!どれ、これでも飲みやがれ!」
テーブルにあった赤ワインの瓶を掴み、下の口にいきなりつっこむ。
名もなき少女「いや!ああああ!ぎゃああ!はひゃうう」
基樹「ケツとオマンコの両方にぶちこんでやる!直腸からアルコールを吸収しろってんだ」
名もなき少女「ぎゃああ…ひっく、ああえええ…ひっく、気持ちいい…あそこ!あそこも濡れ濡れ…恥ずかしいオマンコ!見てえ!!はううう」
泥酔酩酊状態でがくがくと震える。
基樹「酔っ払いながらぐちゅぐちゅと洪水状態じゃねえか、このメス豚が」
名もなき少女「んんあああっ気持ちいいの…ココ…オマンコ感じちゃうの…あああ気持ちいいい!!!あひい…あああっん!!!」
突き出した乳房をさっそく揉み、舐めまわしながら、充血して勃起したクリトリスをこねくりまわす。
名もなき少女「あぎぃいい~乳首、いやらしい固くなっている乳首舐めてえ!!つまんで~」



サンプル画像
彩香(さやか)

黒髪ストレートのロングヘア。和装の初々しい少女。
潔癖で知性派。貧乳だが感度は抜群。 高貴な身分の出だという。

●シーン抜粋(シーンのCGは性交シーンです)

ケツ穴を一揆に突き刺す!!
彩香「ふひぐううううっ!!」
いきなり潤滑油もなしに突っ込み動き続ける。きつい!狭い!ぎゅんぎゅんに締め付けてくる。みしみしいっている。
彩香「うぐっうくっ…うう。。ああんううう…・うぐっうくっ…うう。。ああんううう…・」
痛みと快楽がないまぜになっているのか、感度が高まっているのか、すぎにあんあんと喘ぎ声が聞こえてくる。
彩香「痛いいぃあああ…うぐ。おしりの穴、変…・うぐっうくっ…うう。ああううう…・」
どくどくっ!!!と精子を大量にアナルに注ぎ込む。
彩香「あうあうあう~やっ!!ああっ!!!」
肛門から膀胱に刺激が伝わったのか、また尿意を我慢できずにふるふると震える。
彩香「ふええっ!!!!お、おしっこでちゃうっ!!あ…あう…は、恥ずかしいっ!!」
しゃああああっと勢いよく、床に向かって放尿する。
彩香「はうううああ…」

サンプル画像
瑠璃(るり)

純真無垢な少女。
ツインテールで日焼けしている。
巫女さん装束でさらわれた処女。投薬により巨乳化される。

●シーン抜粋(シーンのCGは性交シーンです)

瑠璃「う…むっ…んくっ、んむ」 ぴちゃっ…ぴちゃっ…
基樹「もっと全部口にいれて綺麗にするんだ。なにしろ聖なる種付け儀式だからな…」
瑠璃「いやあ…ぐむう…んんんぐううう…あ、はあ…むむうう・・むーーー」
瑠璃「ひゃ…ひゃぐううううっ」 さらさらの髪をつかんでぐいぐいと、無理やり喉の奥まで突っ込む。
瑠璃「うううーーーむう…んんんぐうううく、苦し・・い・んあああ」
基樹「もっと奥まで飲み込めよ!ほらほら!」
咳き込み吐きそうになっているのを、無理やり奥までチンポを突っ込む。
基樹「そうそう…もっと激しく動かすんだ!今からお前に種付けされる、そう、美味しそうに頬張っているものは何か言ってみるんだな」
ぐちゅっずちゅってずぶずぶ… 瑠璃「ぐむっぐ・・おちんちん…むむうううむん…はあ・・んっ」
苦しそうだが、すごく気持ちいい。 基樹「なに?聞こえないぞ。はっきり言わないと、種付けしてやらないぞ」
瑠璃「お、おちんちん!!むぐう!!」
基樹「お味はどうなんだ?美味しいからしゃぶっているんだろうな?」
瑠璃「お、おちんちん・・おちんちん!美味しいですぅっ!!はあ…むん…ぴちゃぴちゃれろっれろっ」

Copyright (C) Hi-End ハイエンド All Rights Reserved.
inserted by FC2 system